初歩〜10級

 一人ひとりにあわせ、数に対する基本から始めます。 九九の暗記もスタートです。どの学年でも同じですが、特に学校の勉強とのことを意識して指導していきます。 数や量に対する感覚に慣れますので、反応も早くその分考える時間が増え、余裕ができ学校の勉強を楽しくします。

9級〜

 9級にはいると個人の進度に合わせながら一斉授業も行います。 また、暗算も入ります。 読上げ算や読上げ暗算は、数を一度しか読みませんので聞き逃せることなく心を集中してしなくてはなりません。 希望者の人はフラッシュ暗算を家でも練習できるように配慮します。 さらに6級に入るとかけ暗算わり暗算のスタートです。